ミヤマホオジロ

今年の初撮り~トラツグミなど

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村(クリックすると野鳥ブログランキングを見ることができます。)

 なじみのポイントへ、今年の初撮りに行ってきました。短い時間でしたが、新春の空気を受けとめ、自然の中にいることの尊さを実感しながら、山麓を歩きました。

シロハラ   まず最初に出迎えてくれたのは、シロハラでした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_1139cs

トラツグミ    思いがけず、木にとまっている姿を撮ることができました。

Dsc_1222cs_2

Dsc_1210cs

ミヤマホオジロ    なかなか撮れなかった♂を撮ることができました。

Dsc_1163cs

| | コメント (4) | トラックバック (0)

雪降る中~ジョビ・ルリビ・シロハラ・ミヤホー他

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村(クリックすると野鳥ブログランキングを見ることができます。

 雪降りの今日、いろんな鳥たちと出合うことができました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

まずは、スズメ&ツグミ(ハチジョウツグミとの中間型)

Dsc_0867cs

ジョウビタキ♀

Dsc_0982cs

シロハラ

Dsc_0987cs

Dsc_0992cs

ルリビタキ

Dsc_0962cs

ミヤマホオジロ♀

Dsc_0967cs

| | コメント (4) | トラックバック (0)

CT&MRI&ミヤマホオジロ~はっきりしない

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村(クリックすると野鳥ブログランキングを見ることができます。)

 初めて病院でCTとMRIの検査をしました。昨日の夜中から、左手に違和感があり、力が入らなくなりました。一時的なことで、一晩眠れば元通りになるだろうと高をくくっていましたが、今朝になっても違和感は解消できず、「軽い脳梗塞かもしれない?」と思い、受診することにしました。

 検査の結果、脳には異常がないとのこと、一安心でした。しかし、症状の原因がはっきりせず、さらにそれに対する検査を行うことになりました。今のところ、左手以外に不具合なところはありません。パソコンでのキー入力もほぼ普段通り行えます。ただ、ギターでのコードチェンジやけん玉など、少し力を必要とするような動作は、まったく思うようにできなくなり、戸惑いを感じています。

 最近は早朝からの鳥見の後、夜10時前後まで仕事をし、午前1時~2時頃就寝というような日が多く、睡眠不足の状態が続いていました。鳥見を少し控えめにするなどし、生活を改めていく必要がありそうです。

ミヤマホオジロ    ♂なのですが、はっきり♂らしく撮ることができませんでした。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_6641cs

霜柱   鳥見の途中で見つけました。

Dsc_6580cs

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミヤマホオジロ~雪の中で

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ  人気ブログランキングへ

ミヤマホオジロ    久しぶりに出合えました。凛々しさを感じます。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_6633cs

Dsc_6933cs_2


 ♀です。

Dsc_6544cs




| | コメント (2) | トラックバック (0)

野鳥写真展のお知らせ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ(クリックして、にほんブログ村ランキングへ)

 今日3日から3月29日(日)まで、八ヶ岳山麓・茅野市尖石縄文考古館で、写真展「史跡公園・竜神池周辺の野鳥たち」が開かれます。 同考古館周辺で撮影された野鳥の写真約60点が展示されます。写真展を企画された方よりお話をいただき、私がここで撮った写真も10点ほど展示させていただくことになりました。拙い写真ではありますが、当地来訪の折には、是非お立ち寄りください。

 なお、尖石遺跡は、日本を代表する縄文時代の遺跡の一つで、考古館には、茅野市内の他の遺跡から出土したものと合わせ、約2000点の縄文土器や石器が展示されています。その中でも、「縄文のビーナス(土偶)」は国宝に指定されていて有名です。

 問い合わせは同考古館(電話0266-76-2270)へ。

ミヤマホオジロ  展示させていただいたうちの1点です。

Photo_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミヤマホオジロ~八ヶ岳山麓にて

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

 久しぶりに八ヶ岳山麓へ足を運びました。

  *画像をクリックすると大きくなります。

Photo

ミヤマホオジロ   たくさん来ていました。頭頂の羽冠と、眉斑及び喉の黄色が魅力です。

Photo_2

Photo_4

後ろからも撮ってみました。

Photo_5

けっこう近づけました。

Photo_3

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

けん玉 アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アカウソ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アジサシ アトリ アマサギ アメリカコハクチョウ アメリカ&ヒドリ イカル イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウソ ウミネコ エゾビタキ エナガ オオジシギ オオジュリン オオタカ オオハクチョウ オオバン オオマシコ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オシドリ オナガ オナガガモ カイツブリ カウンセリング カケス カシラダカ カッコウ カヤクグリ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キレンジャク ギター クイナ クサシギ クロツグミ ケリ ゲーム コガモ コガラ コクガン コゲラ コサギ コサメビタキ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シマアジ シメ シラガホオジロ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ タシギ タングラム&一筆書き ダイサギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツバメ トウネン トビ トラツグミ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシボソカラス ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フォト フクロウ ブッポウソウ ベニマシコ ペット ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホトトギス マガモ マガン マクロ マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤブサメ ヤマガラ ヤマシギ ヤマセミ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ ルリビタキ 囲碁 家紋と土蔵 家紋・動物紋 家紋・器物紋 家紋・文字紋 家紋・植物紋 家紋・花紋 家紋・鏝絵 心と体 文化・芸術 旅行・地域 書籍・雑誌 熱帯魚 現代詩 育児 自然 趣味 野生動物 野鳥 音楽