けん玉

けん玉のこと

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 数年前、仕事で関わった中学生が、けん玉の妙技を見せてくれました。その見事さに圧倒され、すぐさまそのとりこになりました。

  けん玉には、非常に様々な技があり、かなり奥が深く、『日本けん玉協会』の認定により、段級位を取得することもできます。

 (詳しくはhttp://www.kendamakyokai.com/をどうぞ。)

 このブログを始めた当初、けん玉の話題も時々載せてみたいと思い、ブログ紹介文書の中にも、そのテーマの1つとして掲げていました。あれから2年半、やっとけん玉のことを取り上げることができました。

 愛用の、日本けん玉協会認定けん玉です。かなりボロボロです。夢中で練習していた頃は、一日中やっていたこともありました。今では、時々手にする程度ですが、有段レベルの技の幾つかを、何とか決めることができるようになりました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_1877cs

Dsc_1869cs

 日本けん玉協会けん玉道五段の北川真也さん(理学博士、大阪大学大学院理学研究科)は、自身のホームページ『Shiny varieties』で、けん玉の魅力として、次のことを挙げています。

・不可能に思われていた技を習得したときに達成感がある。

・技が思う通りにいかないときに、その理由を分析して工夫していくプロセスも楽しい。

・豊富な技のバリエーションがある。

・同じ技でも、使い手によって見栄えや精度の向上のために様々な、そして個性あふれる創意工夫がなされる。

・何より、技の練習にのめり込んで、自分の精神が集中している状態になることそのものに快感を感じる。


 いかにも数学者らしいとらえ方ですが、なるほどその通りだなあと感じました。皆さんも、けん玉をやってみませんか。 

    

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

けん玉 アオゲラ アオサギ アオジ アオバズク アカウソ アカエリヒレアシシギ アカゲラ アカハラ アジサシ アトリ アマサギ アメリカコハクチョウ アメリカ&ヒドリ イカル イカルチドリ イソシギ イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウソ ウミネコ エゾビタキ エナガ オオジシギ オオジュリン オオタカ オオハクチョウ オオバン オオマシコ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オカヨシガモ オシドリ オナガ オナガガモ カイツブリ カウンセリング カケス カシラダカ カッコウ カヤクグリ カルガモ カワアイサ カワウ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリカイツブリ キクイタダキ キジ キジバト キセキレイ キバシリ キビタキ キレンジャク ギター クイナ クサシギ クロツグミ ケリ ゲーム コガモ コガラ コクガン コゲラ コサギ コサメビタキ コシャクシギ コチドリ コチョウゲンボウ コハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ ササゴイ サンコウチョウ サンショウクイ シジュウカラ シマアジ シメ シラガホオジロ シロハラ ジョウビタキ スズガモ スズメ セイタカシギ セグロセキレイ センダイムシクイ タシギ タングラム&一筆書き ダイサギ ダイゼン チュウサギ チュウシャクシギ チョウゲンボウ ツクシガモ ツグミ ツバメ トウネン トビ トラツグミ ノジコ ノスリ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクセキレイ ハシビロガモ ハシボソカラス ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒガラ ヒドリガモ ヒバリ ヒヨドリ ヒレンジャク ビンズイ フォト フクロウ ブッポウソウ ベニマシコ ペット ホウロクシギ ホオアカ ホオジロ ホオジロガモ ホシガラス ホシハジロ ホトトギス マガモ マガン マクロ マヒワ マミチャジナイ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ムクドリ ムナグロ メジロ メダイチドリ メボソムシクイ モズ ヤブサメ ヤマガラ ヤマシギ ヤマセミ ユリカモメ ヨシガモ ヨシゴイ ルリビタキ 囲碁 家紋と土蔵 家紋・動物紋 家紋・器物紋 家紋・文字紋 家紋・植物紋 家紋・花紋 家紋・鏝絵 心と体 文化・芸術 旅行・地域 書籍・雑誌 熱帯魚 現代詩 育児 自然 趣味 野生動物 野鳥 音楽