« 不動 | トップページ | 威厳ある表情~カワセミ »

ヤマアラシのジレンマ

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ
にほんブログ村

 カワセミを撮りながら、ドイツの哲学者ショーペンハウアーの寓話に基づく『ヤマアラシのジレンマ』を思い出しました。

 寒い中に2匹のヤマアラシがいます。互いに身を寄せて温め合おうとしますが、あまり近づきすぎると、相手の身体に付いている棘が刺さって痛い。かといって、離れすぎれば、今度は寒さが身にしみて辛い。紆余曲折の末に両者にとってちょうどよい距離に気づきます。

 近すぎても遠すぎてもいけない、対人関係における心理的距離の取り方の大切さと難しさを示唆しています。

 このカワセミ、不意に目の前の石の上にやってきました。近すぎて対処に戸惑いました。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_1057cs

Dsc_0997ccs

|

« 不動 | トップページ | 威厳ある表情~カワセミ »

カワセミ」カテゴリの記事

フォト」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006430/40851654

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマアラシのジレンマ:

« 不動 | トップページ | 威厳ある表情~カワセミ »