« オオワシ~氷上におりる | トップページ | ミコアイサ~クミコ »

オオワシ~鳥見人との交流・節度とモラル

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ  人気ブログランキングへ 

  オオワシを撮りに行くと、同じ鳥見人の方々と出会います。いつも決まった場所に数人でいる常連の方々、通りがかりの一般人や観光客に、気さくにオオワシのことをあれこれと解説される野鳥の会等のベテランの方々、はるばる遠方からお越しになる単独の方々等・・・。私は地元の住人ながら、まだ駆け出しであり、そんな方々に歩み寄るにはかなり勇気がいります。それは私の性格上の問題でもあるのかもしれませんが。

  今日は、いつものポイントにオオワシの姿がなく、勇気を出して常連の方々の一人に歩み寄り、声を掛けてみました。最初は互いに何となくぎこちない空気がありましたが、すぐに打ち解け、いろいろと教えていただくこともできました。いつもこんなふうになるとは限らないでしょうが、適切な距離感で心地よい交流ができればいいなあと思います。そのためには、まずは私自身が、一定の節度とモラルをもって鳥と向き合うことが大切だと感じました。


オオワシ   節度とモラル、なかなか難しい問題です。今朝、一旦は見失ったオオワシ、そこに居合わせた一人が、鉄塔の近くにいるのを再び見つけました。近づこうと思えばかなりのところまで接近できる場所です。「鉄塔では・・・(撮れてもどうも・・・)」という方も多いのでしょうが、私にとっては、オオワシに近づくことのできる初めてのチャンスでした。「この辺までは・・・」と思えるところまで行って撮ったのがこれらの写真です。もっと近くで撮っても問題なかったのかもしれません。あるいは、もしかしたらこの距離でも近づき過ぎだったのかもしれません。

 *画像をクリックすると大きくなります。

Dsc_5106cs

Dsc_5100cs_3

Dsc_5133ccs

|

« オオワシ~氷上におりる | トップページ | ミコアイサ~クミコ »

オオワシ」カテゴリの記事

フォト」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おおっ、これは近い!こうしてくっきりした画像を見ると、やはりオオワシは風格がありますね。happy01
野生動物を撮影していると、対象との距離感にいつも悩まされますね。同じ種類でも、棲息している環境によって人への慣れが違っていて、それぞれに異なる距離感があったりしますし。

今日は、諏訪から茅野方面に繰り出しましたが、湖は氷が溶けてしまっているし、茅野方面は小雪がちらついてくるしで、収穫がほとんど無いまま帰路につきました。(^^;)

投稿: Amami | 2010年1月10日 (日) 23時14分

すごいです。
今日私も湖畔で見ていました。
いつも数名がカメラを構えている場所です。
私は最初からカメラを持たずに、双眼鏡だけ持参でゆっくり観察しました。

対岸まで飛んで、湖に下りて餌を獲る様子が見れました。獲ったかどうかは分かりませんでしたが、その後水面を低く飛んでこちらへ戻って来る光景はドキドキしましたね。

餌を獲りに降りたのが、わが家の近くの湖面でしたので、今日と同じくらいの時間に岡谷側で待ってみようかとも思っています。

同じ場所に餌の魚がいるわけはないのですが、餌を獲る瞬間を見てみたいです。

まだしばらくはいるはずですので、私のレンズでも撮れる距離で見れる幸運に掛けてみます。
私の方は時間はたっぷりあります。(笑)

投稿: 諏訪ッチ | 2010年1月10日 (日) 23時37分

 amamiさん、こんばんは。今日、氷が解けてしまっていたのにはがっかりでした。
 オオワシをいい条件で撮るには、まずはできるだけそのための時間を割くこと、それから、ある程度の情報を得ること、そして後は、オオワシが向かってくる場所にいられるかどうかの運なのかな、とも感じました。しかしこれはオオワシに限ってのことではなさそうですね。(運なんて言っているうちはまだまだだね、とベテランの方には言われてしまいそうですが・・)
 まだ、しっかり働かなければいけない世代ではありますが、私なりに頑張ってみたいです。

投稿: エリクソン | 2010年1月11日 (月) 00時06分

諏訪ッチさん、こんばんは。
 そうだったのですか。そういえば、シグマやタムロンの200mm-500mmくらいの手持ちで、ものすごいオオワシの写真を撮られた方もいますね。条件さえうまくそろえば、十分サプライズなショットが狙えるのですよね。いずれにしても、わくわくしてしまいます。

投稿: エリクソン | 2010年1月11日 (月) 00時14分

エリクソンさん、こんばんは。
オオワシ、ゲットされましたね。
私も以前狙ったことがありますが、400mmではなかなか写真にならず、あきらめました。
冬の鳥は、もっぱら白鳥を追いかけています。

投稿: ぶらり旅 | 2010年1月11日 (月) 21時30分

 ぶらり旅さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
 湖畔へ行くと、オオワシが諏訪にいる間は四六時中それを追いかけている、という少し年配の方にも出会います。「女房がどこにいるかはわからないが、オオワシの居場所なら任せておけ」というくらいの熱の入れように、驚きます。
 ハクチョウもオオワシも同じように大変魅力的な鳥だと思います。そんな鳥たちと身近な場所で出合えることに感謝しながら、ほどほどのペースでその姿を追っていきたいです。

投稿: エリクソン | 2010年1月11日 (月) 23時18分

エリクソンさん

私のように節度を持ちながら貪欲に^^
なーーんてね。
近いにこしたことないですよ^^

ギックリの上にひざが痛くて動けませ(涙)

投稿: あきGG | 2010年1月13日 (水) 00時41分

 あきGGさん、こんばんは。そうですね、そうはいっても時には貪欲さも必要な気もします(^-^;。腰にひざですか、焦らずしっかり治してほしいですが、無理ですかね。どうかご慈愛ください。

投稿: エリクソン | 2010年1月13日 (水) 04時02分

こんばんは。

三脚立てて陣取っている常連さん達、
1ヶ所だけそういう方々が居てる場所を知っていますが、
近付かないようにしています。
基本的に極端な人見知りなので。。。
お散歩しているとカメラを首から下げて歩いている人とすれ違うこともありますが、
会釈するくらいですね~。
ちょっと声を掛けてみたら楽しいのかもしれませんね。

投稿: あき | 2010年1月14日 (木) 00時30分

あきさん、こんばんは。そうですね、初対面の鳥見人の方へ、こちらから話しかけるにはやはり勇気がいりますね。ためらっているうちに、相手の方から気さくに話かけらりたり、ということもけっこうありました。最近は、ためらっているくらいなら、思い切って話しかけちゃえ、というふうに考えるようにしています。その場の状況や相手の様子にもよりますが・・・。

投稿: エリクソン | 2010年1月14日 (木) 18時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006430/32934686

この記事へのトラックバック一覧です: オオワシ~鳥見人との交流・節度とモラル:

« オオワシ~氷上におりる | トップページ | ミコアイサ~クミコ »