« チョウゲンボウとカワラヒワの微妙な関係 | トップページ | エナガ~八ヶ岳山麓・尖石遺跡にて »

悲しき猛禽

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ(クリックして、にほんブログ村ランキングへ)

 *画像をクリックすると大きくなります。ただし、3枚目の画像には、やや見苦しい部分がありますご注意ください。

 諏訪湖の白鳥飛来地にいたトビを撮りました。車にひかれてしまったのでしょうか、湖畔の道路上に1羽のカモの亡骸が横たわり、それを狙って数羽のトビが容赦なくアタックを繰り返していました。トビ、普段あまり相手にされない『悲しき猛禽』。しかし、こんな場面では、その“モウキン”たる本性をむき出しにして、執拗に獲物に襲いかかってきます。

Photo

Photo_2

Photo_3

|

« チョウゲンボウとカワラヒワの微妙な関係 | トップページ | エナガ~八ヶ岳山麓・尖石遺跡にて »

トビ」カテゴリの記事

フォト」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
野生って感じですね。。。
自然界ではこういう光景が多々あるのでしょう。

投稿: あき | 2009年2月24日 (火) 02時03分

おはようございます。
一番身近な猛禽ですが、自然界の掃除屋の役を担っているんですよね。

ピーヒョロヒョロ♪ という鳴き声はけっこう好きです。

投稿: hayaoki | 2009年2月24日 (火) 04時55分

 あきさん、おはようございます。自然の中に目を向け続けていると、いろんなシーンに遭遇しますね。美しくても醜くても、そこには生きものが必死に生き抜いていく姿があるように感じます。また、そこに魅力があるんだなあと思います。

投稿: エリクソン | 2009年2月24日 (火) 09時16分

 hayaokiさん、おはようございます。トビの鳴き声、大変印象的ですね。鳥に興味を持ち始めた頃、図鑑で、トビが「ピーヒョロロー」と鳴くと知り、実際に全くそのとおりに鳴いているのを確認し、やけに感心した覚えがあります。いろんな鳥の鳴き声を、少しずつ覚えていきたいです。

投稿: エリクソン | 2009年2月24日 (火) 09時20分

とび アイキャッチ綺麗に撮れてますね。

一枚目の飛翔姿もかっこいいですね。
いい画像を見せてもらいました。

投稿: あきGG | 2009年2月24日 (火) 23時58分

あきGGさん、こんばんは。コメントありがとうございます。私なりにいろいろ試行錯誤しています。トビ以外の猛禽類の撮影機会がもっとあればいいのにと思います。
 ところで、今、機材(まずはレンズ)の買い替えを考えています。あきGGさんのブログに出てくるBORGとは、天体望遠鏡のBORGのことですか。本当は、いわゆる「大砲」がほしいのですが、高価過ぎて手が出せません。BORGはどうなのでしょうか。シグマAPO300MM F2.8のレンズ(+テレコンバーター×2)なども検討しているのですが・・・アドバイスいただければ嬉しいです。

投稿: エリクソン | 2009年2月25日 (水) 01時54分

エリクソンさん こんばんは
今本業が決算月で4/20までブログは更新できず休んでます。諏訪湖で色々お世話になりましたので、私の知識でわかる範囲でしたらなんでもお応えします。
コメント欄でなくメールのがいいかもしれませんね。
私のブログの中のメールから来ていただければよいと思います。

①まず止まり物か飛翔か?
私はトビモノ命です。野鳥は羽を広げて何ぼの世界。
②被写体は?
焦点距離が全く違いますので。
私は基本500ミリ 5000mまでやりましたが
基本手持ちなので、1000ミリぐらいに落ち着いてます。三脚大嫌いなんです。
③三脚基本か手持ち可能か?

こんなとこがわかれば、レンズもおのずと決まると思います。

投稿: あきGG | 2009年2月26日 (木) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006430/28308276

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しき猛禽:

« チョウゲンボウとカワラヒワの微妙な関係 | トップページ | エナガ~八ヶ岳山麓・尖石遺跡にて »