« ゴイサギ捕食物語 | トップページ | S湖の野鳥 アオサギ・カルガモ »

普通ではない現実がある

 中3の女子生徒が、真夜中、就寝中の父親(46歳)を包丁で刺し殺す、という出来事がありました。その3日前には、中2の男子生徒によるバスジャック事件もありました。結果としての行為に違いこそあれ、二人の心の根底にあるものは同じだったのではないかと思います。今回の出来事を知ったとき、1月に起きた八戸母子殺害事件を思い出しました。18歳の長男が、母親と弟と妹を殺し、母親の腹部をサバイバルナイフで切り開き、そこに人形を詰め込みました。そのときには、その背景に『普通ではない現実』があると考える他ないと感じました。しかし、もしそうだとしたら、それはあまりにも悲しい現実に思えてなりません。

 数年前、娘と父親のことを詩にしました。

    FATHER

娘は

壊していく

自分が壊れないために

言葉と力と心で

買ったばかりのアイ・ポッド

友だちからの手紙の束

祖母の形見の京人形

自分の身体の一部

母親


踏みにじっていく

かけがえのない思い出

大切にしていたものへの愛着

理想の象徴への憧憬

注がれていたはずの愛情



明け方

矢も楯もたまらず確かめにいく

闇にまみれ

私は目を見開き耳をそばだて嗅覚を研ぎ澄ます

やがて一つのいのちが

ゆっくり静かに寝返りを打つ

こんな日でさえ

向かわなくてはならない場所がある

ビジネスという名のもと

責任や権限を携え

祭の旗がたなびいている

雲が淡くやさしく流れていく

歩道橋の上から母子が国道を見下ろす

家々のしじまが扇状地をせり上がる

軽やかなコーナーワークで

宅配ピザ屋のスクーターボーイが疾走する

なににも目を奪われず

私は情景を無口にする


昼下がり

まどろみの最中

私を揺り動かすものがある

青い空

白い雲

緑なす山

きらめく湖

そよぐ街路樹

あたりまえのようにあるものすべてが

私の父となり

私に目を見開き耳をそばだて嗅覚を研ぎ澄ます

見守られている

その息苦しさと安堵とで

私の心もゆっくり静かに寝返りを打つ

|

« ゴイサギ捕食物語 | トップページ | S湖の野鳥 アオサギ・カルガモ »

育児」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

最近ぶっそうな事件が多くて怖いですよね。やっぱりどんなに嫌なことがあっても人様に手をだすのは良くないと思います。

投稿: アルビオン | 2008年7月23日 (水) 20時25分

すいません。トラックバック一度消してください

投稿: アルビオン | 2008年7月23日 (水) 20時48分

スネーク小写真館の方をけしてください。引き続きすいません。

投稿: アルビオン | 2008年7月23日 (水) 20時52分

 アルビオンさん、こんばんは。トラックバック処理しておきました。魚採り、とても楽しそうでうらやましいです。仲間と競い合うのもいい。まだ夏休みはタップリありますね。大いに満喫してください。ちょっと前にアルビオンさんのブログに立ち寄り、コメントも書かせてもらいました。

投稿: エリクソン | 2008年7月23日 (水) 23時15分

コメントありがとうございます。これからも応援よろしくお願いします

投稿: アルビオン | 2008年7月24日 (木) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普通ではない現実がある:

« ゴイサギ捕食物語 | トップページ | S湖の野鳥 アオサギ・カルガモ »