« 何かいた? | トップページ | バイオレットスネークヘッド・アカハライモリ・+α »

梅雨晴れの日//引きこもり青年との出会い

 6月、いつの間にか梅雨に入っていました。しかし、今日は青空が広がる温かい1日でした。

 数年前、今日のような6月の晴れた日に、10年間引きこもっていた青年の部屋を初めて訪問したことがありました。そして、その時のことを、『希望』という題名の詩にしました。            

                    

        希望

もうわたしはわたしではなく

ただ全部を受け入れる宇宙です

ありとあらゆる感情を受けとめるために

自分ではいかなる感情もいだかず

そうやって

あなたとわたしとのたたかいは始まるのです


少し時間がかかりましたが

やっとその日がやってきたのです

六月でしたが

晴れた日の午後でしたね

入る前に

二回深呼吸しました

ドアには

内側と外側それぞれに

一つずつ大きなへこみがありました

幾重にもなって積み重ねられた少年ジャンプ

その中にあなたはいましたね

長い年月をかけ

四角い部屋の隅々まで

敷きつめられたあなたの細胞

空気さえ

その一部となって

重くわたしに寄りかかり

 

あなたがあなたであることの確かさ

わたしがわたしでいることの苦しさ

わたしたちが向き合うことの危うさ

すべてそれらをそれらとして受けとめ

長い沈黙を共有した果て

あのとき二人

わき立つなにかを

感じずにはいられなかったのです

あなたの固くつぐんだ口もとが

わたしを拒んでいるように見えたにせよ

眼鏡の奥の潤んだ瞳が

鋭く牽制しているように見えたにせよ

                     

もうそのときには

これがあったかというような顔をして

あなたは言葉を

激しくわたしに浴びせかけていましたね

                       

六月でしたが

晴れた日の午後でした

親でない人とまっすぐ向き合うのは

十一年ぶりだったという

あなたに会えたのは  

                                       

あなたの部屋のカレンダー

あの日の日付に丸が印され

その下には

わたしの名前が

小さく記されていましたね

|

« 何かいた? | トップページ | バイオレットスネークヘッド・アカハライモリ・+α »

心と体」カテゴリの記事

現代詩」カテゴリの記事

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

<20年前の私><20年前の記憶>

具体的なことは覚えていませんが、

“この世の中で自分以上に苦しい人間はいない”と思って生きて

いました。

出たくない電話を取次いでもらって苛立って、母親に暴言を吐き

ながら受話器を壊した事がありました。

怒りの制御ができずに、父親の目の前で床に包丁をつき立てた

こともありました。


ある時、何かが気に障り、泣きながら障子や襖を叩いて蹴って破

壊し始めました。

その時、母親が、

「家の中じゅう壊したかったら壊しな。それであなたの気持ちが落

ち着くなら壊せばいいよ。」と言いました。

本気で言いました。

その瞬間に自分の気持ちが急速に落ち着き穏やかになったの

を、今でも鮮明に覚えています。

その時の自分がどんなに苦しかったのかを、母親が理屈ではなく

無条件に理解してくれたからだと思います。

ありがたかったです。


投稿: 神無月 | 2008年6月 7日 (土) 01時00分

 神無月さんこんにちは。
 自然に、力まず、相手の気持ちを受けとめ、受け入れ、また、自分自身の思いをわかってもらうことができればいいと思います。そのためには、まずは自分が自分自身のことを肯定的に理解する、ということが大切だと感じます。日々の営みが、そのための研鑽です。

投稿: エリクソン | 2008年6月 7日 (土) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨晴れの日//引きこもり青年との出会い:

« 何かいた? | トップページ | バイオレットスネークヘッド・アカハライモリ・+α »