« ホオジロとアサギマダラ | トップページ | イカル・ササゴイ・マガモ・アオサギ・キセキレイ »

カワラヒワ?

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ

 早朝、Kヶ峰高原のやや下のところまで行ってみました。標高1300mくらいの場所です。

カワラヒワ   かなり遠くの松の木のてっぺんに見慣れぬ野鳥をみつけ、撮影しました。帰宅後図鑑で調べてみると、カワラヒワ以外にそれらしい鳥がみつかりませんでした。しかしそれなら、家のまわりでもよく見かけるし、それとはどうも印象が違い、また、こんな標高の高いところにいるのか?とも思い、確証が持てないでいました。

Photo

 そんな折、Amamiさんという方の『信州の青き空を見上げて』というブログで、カワラヒワについて、「今の季節には、高原の夏鳥の中にも混じっているはずである」とあるのをみつけ、やはりそうだったか、と納得しました(少し残念な気もしましたが・・・)。

 ところで、この『信州の青き空を見上げて』というブログ、写真が大変素晴らしく、おすすめです。

|

« ホオジロとアサギマダラ | トップページ | イカル・ササゴイ・マガモ・アオサギ・キセキレイ »

フォト」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

私のブログの宣伝までして貰いまして、ありがとうございます。
間違いなくカワラヒワですね。この鳥は、季節による行動の分類では「留鳥(漂鳥)または冬鳥」となっています。冬鳥としての性質が強いので、標高差のある地域では夏になると亜高山帯の方へと移動して過ごしているみたいです。

投稿: Amami | 2008年6月14日 (土) 22時29分

 コメントありがとうございました。一つひとつ学んでいきたいと思います。

投稿: エリクソン | 2008年6月14日 (土) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006430/21611453

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ?:

« ホオジロとアサギマダラ | トップページ | イカル・ササゴイ・マガモ・アオサギ・キセキレイ »